MENU
初回980円、90日間の返金保証付き。
美しい背中を目指すなら…
背中にきび・にきび跡・大人ニキビに『Jitte+(ジッテプラス)』

ジッテプラスの使い方について詳しく解説!

ジッテプラスの効果を最大限に実感するためには使い方がけっこう重要です。

 

どんなに良い化粧品も、使い方が悪いと効果が出ないばかりか、肌を悪化させてしまう恐れもあります。

 

「背中のニキビ、早くなんとかしたい!」
「せっかくジッテプラスを買ったんだからスキンケアを成功させたい」
「ジッテプラスの1番良い使い方ってどんなの?」

 

このような思いをお持ちでしたら、この記事が何かの役に立つかもしれないので、よろしければ読み進めてくださいね!

 

 

このページの目次
ジッテプラスの使い方の基本
1)ジッテプラスをつけるタイミング
2)ジッテプラスは正しい量を使う
3)背中に塗る前に手のひらで温める
4)顔に塗る場合は真ん中から外側に向かって
5)ムラなく背中全体に塗る
肌質によって違う?ジッテプラスの使い方
1)普通肌、乾燥肌の場合
2)脂性肌、混合肌の場合
やってはいけない間違ったジッテプラスの使い方
1)ニキビがひどい状態で使う
2)他のコスメとの併用
ジッテプラスの使用期限と正しい保存方法
1)ジッテプラスの使用期限
2)ジッテプラスの保存方法

医学の観点を取り入れたジッテプラスの使い方
1)医学の観点って?
2)保湿クリームの使い方に関するデータは乏しい
まとめ

 

 

 

 

ジッテプラスの使い方の基本
まずはジッテプラスの基本の使い方について確認していきましょう。

 

基本的な使い方が間違っていなければ、ジッテプラスの効果は十分に実感できる可能性が高いです。

 

より効果を高める使い方について後ほど解説しますが、まずはこの基本のジッテプラスの使い方についてしっかり押さえておきましょう。

 

1)ジッテプラスをつけるタイミング
ジッテプラスは1日2回、朝と晩に塗るのが推奨タイミングです。

 

1日を通して考えたときに1番合理的なタイミングですよね。

 

「朝は忙しいから…」という理由で省略してしまうと、単純に効果が半減してしまうので注意しましょう。

 

 

2)ジッテプラスは正しい量を使う
ジッテプラスを一回に使う正しい量はさくらんぼ大1個分です。

 

少なく使うと効果が薄まりますし、多く使うとムレや皮膚のふやけを招いて弊害が出てくるので避けましょう。

 

背中だけでなく全身にしっかり塗りたい場合は、1ヵ月でジッテプラス1個は持たないと思うので追加注文をお勧めします。
ケチケチ使ってしまうと効果が実感できない可能性があるので気をつけてくださいね。

 

肌質によって違う?ジッテプラスの使い方
背中のケアといっても人それぞれ肌質が違いますよね。

 

肌質によってジッテプラスの使い方は変わってくるのでしょうか?
1)普通肌、乾燥肌の場合
まず、普通肌の方であれば先ほど説明したジッテプラスの基本の使い方で問題ありません。

 

乾燥肌の場合は、必要に応じて乾燥しているポイントに重ね付けをするなどの工夫があっても良いでしょう。

 

2)脂性肌、混合肌の場合
脂性肌、混合肌の方は、皮脂の分泌が活発です。
このことから1回にジッテプラスを使う量を減らしてしまいそうになるのですが、ここは通常の量を使って大丈夫です。

 

油分の多い保湿クリームであれば量を減らしたりもしますが、ジッテプラスは油分がそこまで含まれていないので気にする必要はありません。

 

むしろしっかり保湿をすることで皮脂の過剰分泌を防ぐ効果が期待できますし、混合肌の方のインナードライも改善が見込めます。

 

 

より効果を高めるジッテプラスの使い方
ここではより効果を高めるジッテプラスの使い方について解説します。

 

どれもちょっとした工夫で行えるものばかりです。
せっかく使うジッテプラスですから、最大限の効果を発揮できるように是非とも実践してみてくださいね。

 

1)お風呂上がりに塗る
お風呂上がりは体が温まって毛穴が開いているので、ジッテプラスの成分が浸透しやすいです。

 

汚れも落ちているので浸透を妨げるものがなく、最も効果的なタイミングと言えるでしょう。

 

2)背中に塗る前に手のひらで温める
ジッテプラスを手に取ってすぐに背中に塗るのではなく、手のひらで温めてから使うとさらに効果的です。

 

ジッテプラスが人肌程度に温まることでさらに柔らかくなり浸透しやすくなります。

 

逆に冷たいまま塗ってしまうと毛穴が引き締まり、浸透しにくくなってしまうので気をつけてください。

 

3)ムラなく背中全体に塗る
ジッテプラスはニキビのある部分だけでなく、背中全体にムラなく塗りましょう。

 

これはやってしまいそうな失敗ですよね。

 

ジッテプラスではなく医薬品であれば副作用の心配があるので、ニキビのある部分だけにポイント的に使うのが正しい方法です。

 

しかしジッテプラスは化粧品なので肌を健やかに美しく保つために塗るもの。
ニキビ予防効果も期待できるので、今現在ニキビがない部分にも塗れば最大限の効果が発揮されます。

 

 

やってはいけない間違ったジッテプラスの使い方
効果が高まるジッテプラスの使い方があるように、間違ったジッテプラスの使い方もあります。

 

やってはいけない方法でのスキンケアは逆効果をもたらすので、注意してくださいね。

 

1)ニキビがひどい状態で使う
背中のニキビがジュクジュクしたひどい状態の場合は、ジッテプラスを使わずに皮膚科へ行ってください。

 

そこまでいってしまうと化粧品の出番ではないので、医薬品の力を借りましょう。

 

ニキビがある程度おさまった段階でまたジッテプラスを再開すれば、今後のニキビ予防効果が期待できますし、ニキビ跡のケアもできます。

 

2)塗るときに肌をこすりすぎてしまう
ジッテプラスを肌に浸透させようと思って、ゴシゴシと擦るように塗るのは避けて下さい。

 

摩擦を肌に刺激を与える、美肌の大敵です。

 

角質層が荒れてそこから新たなニキビができてしまう可能性もあるので、あくまでも優しく塗りましょう。

 

 

3)他のクリームと併用する
背中のケアはジッテプラスだけで充分です。
より効果を高めようと言う考えから乳液、クリームなどの他のコスメと併用してしまうのは避けた方が無難です。

 

なぜ乳液とクリームが良くないかと言うと、油分を含んでいるから。

 

ジッテプラスの前にこれらのコスメを塗ってしまうと、ジッテプラスの成分が肌に浸透するのを妨げてしまいます。

 

 

他のコスメを併用するなら化粧水、美容液程度であれば大丈夫です。

 

オススメはジッテプラスの関連商品で「デューテ」という化粧水です。
こちらもニキビやニキビ跡対策として開発された化粧水なので、よりスキンケアの効果を高めてくれるでしょう。

 

ジッテプラスの使用期限と正しい保存方法
使い方についてだけでなく、ジッテプラスの状態を良くしておくことも大切です。

 

化粧品にも鮮度や品質保持と言う考え方があるので、頭の片隅に置いていただければと思います。

 

1)ジッテプラスの使用期限
化粧品の使用期限は特に記載がない限り未開封で3年です。

 

ジッテプラスにも特別な記載がないので3年ですね。

 

 

開封後は、一般的な使用期限は6ヶ月と言われています。

 

ジッテプラスは基本的に1ヵ月で使い切る量になっていますが、使うのやめてしばらく置いていたとして、再開する場合は注意しましょう。

 

極端に汚れた手で扱ってしまうと、雑菌で品質が落ちる可能性があります。
スパチュラを使うなどそこまで神経質になる必要はありませんが、清潔な手で扱うことをお勧めします。

 

2)ジッテプラスの保存方法
ジッテプラスの保存方法に関しては特別な指定がないので、一般的な化粧品の保存方法に従うとすると

 

直射日光のあたる場所におかない
温度変化が激しい環境におかない
極端に高い温度または低い温度にならないようにする

 

ということになります。

 

これらは化粧品の品質を保つちょっとした工夫なので、ほんの少し気をつけてあげてくださいね。

 

 

ジッテプラスの使い方まとめ
ジッテプラスの使い方を色々と解説していきましたが、いかがでしたか?

 

せっかくジッテプラスを使うわけですから、できるだけ良い方法で効果的なスキンケアを行っていただければと思っています。

 

また、丁寧なスキンケアのためにはジッテプラスを丁寧に扱うということも気分的な面で大事だと思います。

 

長く続けるモチベーションに関わる部分だとも思うので、ぜひこちらの記事を参考にしていただき、実践してくださいね!

このページの先頭へ