MENU
初回980円、90日間の返金保証付き。
美しい背中を目指すなら…
背中にきび・にきび跡・大人ニキビに『Jitte+(ジッテプラス)』

ジッテプラスで使っている保湿成分は?

 

ジッテプラスはとにかく保湿力が高め。

 

保湿ケアによってニキビを改善していくアプローチをとっています。

 

 

その保湿力を実現する成分は、一体何なんでしょうか?

 

ということで今回は、ジッテプラスの保湿成分について見ていきましょう。

 

 

ジッテプラスの全成分

まずはジッテプラスの全成分を確認します。

 

水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸2K・ビサボロール・3-O-エチルアスコルビン酸・米糠抽出物水解液A・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム・加水分解ヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na-2・水溶性コラーゲン液-4・ヒメフウロエキス・酵母多糖体末・プルーン酵素分解物・スターフルーツ葉エキス・アーティチョークエキス・セイヨウナシ果汁発酵液・カモミラエキス-1・ステアロイルフィトスフィンゴシン・トレハロース・天然ビタミンE・エチルヘキサン酸セチル・トリメチルグリシン・濃グリセリン・キサンタンガム・ステアリン酸POE(20)ソルビタン・ジメチコンBG・カルボキシビニルポリマー・1,2-ペンタンジオール・水酸化K・フェノキシエタノール・ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液・水素添加大豆リン脂質・精製水・香料

 

化粧品の成分はそれぞれに違う役割を持っています。

 

美白効果が期待できるものだったりテクスチャーを調整するものだったり品質を長持ちさせるためだったりと、様々です。

 

この中で保湿を目的として配合されている成分を解説していこう、というのが今回の主旨になります。

 

 

ジッテプラスの保湿成分

ジッテプラスに含まれている保湿成分は以下の通りです。

 

ジッテプラスの保湿成分

  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸Na-2
  • 水溶性コラーゲン液-4
  • ステアロイルフィトスフィンゴシン
  • トレハロース
  • 濃グリセリン

 

アーティチョークエキスやカモミラエキスなど天然成分にも保湿効果がありますが、保湿が主たる目的ではないのでここでは割愛しています。

 

 

特に効果の高い成分は?

この中で特別に保湿効果が高いとされている成分、すなわちジッテプラスの看板となる保湿成分は何か?というと、

 

◇ アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
◇ 加水分解ヒアルロン酸
◇ ヒアルロン酸Na-2
◇ ステアロイルフィトスフィンゴシン

 

この4つです。
これら4つの成分を調合したのが、

 

「アクシア-トリプルヒアルロン酸」

 

です。

 

この成分の保湿力について解説します。

 

大きさの違うヒアルロン酸

まず、一口にヒアルロン酸といってもいろいろな種類があります。

 

ジッテプラスに使われている3種類のヒアルロン酸の違いは分子の大きさです。

 

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム(中くらいの大きさ)

 

分子量1万?10万。角質層の表面に密着し、肌に潤いを与える。

 

加水分解ヒアルロン酸(もっとも小さい)

 

分子量1万以下。角質層に浸透し、肌の内側で保湿効果を発揮する。

 

ヒアルロン酸Na-2(もっとも大きい)

 

分子量100万以上。かなり大きいので皮膚には浸透しない。肌の表面に水の膜を作り水分蒸発を防ぐのと、外部の刺激から肌を保護する役割を持つ。

 

画像

 

画像の通り、3種類のヒアルロン酸が違うポイントで役割を発揮することにより、高い保湿効果が期待できます。

 

ステアロイルフィトスフィンゴシンは?

さて、ステアロイルフィトスフィンゴシンの説明がまだでしたね。

 

長い横文字なので、「危険な化学成分なのではないか?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は最強の保湿成分とも言われる「ヒト型セラミド」の別名です。

 

 

※ヒト型セラミドとは?

 

皮膚細胞はレンガのように積み重なって角質層作っています。
このレンガとレンガの間をセメントのごとく埋めているのが細胞間脂質、つまりセラミドです。
セラミドは植物性のものもありますが、人間の皮膚に相性が良いとされているのはヒト型セラミドです。

 

ヒト型セラミドにも数種類あり、セラミド1、セラミド2、セラミド3が有名です。

 

このうち特に保湿力に優れていると言われるのがセラミド3ジッテプラスに含まれているステアロイルフィトスフィンゴシンなのです。

 

 

まとめますと、アクシア-トリプルヒアルロン酸は3種類のヒアルロン酸とセラミド3を合わせた成分ということです。

 

 

保湿がどうしてニキビに良いの?

ジッテプラスはとにかく保湿力を前面に押し出していますが、保湿でニキビは良くなるの?と言う疑問をもたれる方もいらっしゃると思います。

 

結論から言いますと、保湿ケアは既にできている現在進行形のニキビを治療することはできませんが、ニキビ予防にはとても有効です。

 

そもそものニキビを作らない健康な肌づくりにおいて最も大切なんですね。

 

ニキビの原因は肌の乾燥

ニキビの原因となるのは肌の乾燥であることが多く、肌の乾燥を補うために皮脂が大量に分泌され、それがニキビを招いているわけです。

 

保湿ケアによって肌のバリア機能が強化されれば、肌が皮脂を必要としません。
それだけではなく、外部からの刺激も受けにくくなるので刺激による皮脂分泌を抑えられます。

 

このように、保湿ケアはニキビ予防と密接に関わっているんです。

 

 

保湿のメリット

保湿ケアにはニキビ予防だけでなく、美肌へのメリットがたくさんあります。

 

まず、ニキビ跡が目立たなくなります。

 

これは、保湿されて肌がしっとりしてくるとツヤも出てきて、光をよく反射するようになります。

 

全体的に背中の色が明るく見えるので、ニキビ跡も目立たなくなるというわけです。

 

 

もう一つは、
保湿することで肌の黄ぐすみを防ぐことができ、アンチエイジングにも役立ちます。

 

※黄ぐすみとは?
肌が黒っぽくくすむのではなく、黄色っぽくくすむ老化現象のひとつ。糖質を多く摂りすぎると、肌が糖化して黄ぐすみを引き起こす。
炊きたての白米が古くなり黄色くなるのと同じです。

 

保湿ができているとターンオーバーのサイクルが整うため、くすみを起こさずにいつも新鮮な肌でいることができるわけです。

 

 

最後に、保湿ケアで肌が健康な状態を保てると、スキンケアによって美容成分を肌に取り込みやすくなります。

 

ガサガサの乾燥した肌は水分を取り込みにくく、また角質が分厚くなっているので肌の奥まで美容成分が届きにくいのです。

 

保湿ができていればスキンケアの効果も実感しやすくなるのでよりモチベーションもアップし、相乗効果で美しい肌へと向かっていくことができるでしょう。

 

 

まとめ

  • ジッテプラスは高い保湿力でニキビのできにくい肌へとアプローチする
  • 肝となる保湿成分はアクシア-トリプルヒアルロン酸
  • 保湿ができていると肌が明るく見え、ニキビ跡は目立たないなどメリットがいっぱい!

 

関連ページ

ジッテプラスの全成分!ピーリング成分は入っていないの?
ジッテプラスについて気になっている方であれば、 どんな成分を使っているかに興味があると思います。 そこで今回はジッテプラスの全成分を調べてみることにしました。 私が以前失敗した サリチル弾は入っていません。その点でも私の中では好感度アップなのですが、みなさんにとってはどうでしょうか?
ジッテプラスにまさかの副作用が!?背中ニキビが悪化した場合の対処法
ジッテプラスには副作用があるんでしょうか?背中ニキビをケアするつもりが、余計にひどくなってしまっては大変です。敏感肌の方は特にこちらの記事を参考にしてくださいね。
妊娠したら背中ニキビが増えた!ジッテプラスを使っても大丈夫?
女性は妊娠するとホルモンのバランスが大きく変わり、背中ニキビができてしまったりするものです。すぐにケアしたいところですが、ジッテプラスは妊娠中に使っても大丈夫なのでしょうか?
このページの先頭へ